エリザベス朝研究会 The Society of the Elizabethan Theatre Studies

第35回エリザベス朝研究会のお知らせ

日時:2019年 3月 25日 (日) 13:00から
場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市港北区)
   来往舎2F 小会議室(エレベータ横)

*************************

<第35回エリザベス朝研究会プログラム>(敬称略)

・13:00-14:10【発表+質疑=70分】
「ブルーム『アンティポディース』における空想の旅と狂気」(仮)
松田幸子

※休憩 14:10-14:20

・14:20-15:30【発表+質疑=70分】
「Adaptation の視点--*Richard II*: Shakespeare (Q1, 1597),
Nahum Tate (1681) and Lewis Theobald (1720)」
金子雄司

・【ミニ研究発表: 発表+質疑=45分】
15:30-16:15
「ニューボルトレポートのシェイクスピアに関する記述とその評価について」
青木敬子

※休憩 16:15-16:25

16:25-17:10
「材源、類話との比較から『ペリクリーズ』を考察する――第2幕を中心に」
土井雅之

17:10-17:55
「The Prologue to *The Parson’s Wedding* in Context」(発表は日本語)
三好 力

Comments are closed.

Post Navigation