エリザベス朝研究会 The Society of the Elizabethan Theatre Studies

第34回エリザベス朝研究会のお知らせ

第34回エリザベス朝研究会のお知らせ

日時:2019年 1月 26日 (土) 13:00から
場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市港北区)
   来往舎2F 小会議室(エレベータ横)

*************************

<第34回エリザベス朝研究会プログラム>(敬称略)

・13:00-14:10【発表+質疑=70分】
「トマス・キッドの『ソリマンとパーシダ』におけるロードス島――
反トルコ感情の舞台化――」
石橋敬太郎

※休憩 14:10-14:20

・14:20-15:30【発表+質疑=70分】
「演劇作品の偽作と改作―Lewis Theobald, *Double Falsehood* (1728) と Shakespeare’s Third Folio (1664)」
英 知明

・【ミニ研究発表: 発表+質疑=45分】
15:30-16:15
「”The heaven finds means to kill your joys with love”:A Study of Two Ideas of “Love” in *Romeo and Juliet* with Reference to Its Sources」
田中一隆

※休憩 16:15-16:25

16:25-17:10
「『オセロー』における喜劇的要素に関する一考察」
西原幹子

17:10-17:55
「『ジョン王』におけるペストとナショナリズム」
國崎 倫

Comments are closed.

Post Navigation