エリザベス朝研究会 The Society of the Elizabethan Theatre Studies

シェイクスピア学会二日目

学会二日目のセミナー(Digital Humanities …)を聞いてきました。

EEBOについての話が多かったのですが、我々への朗報として、2015年1月1日から、EEBO に含まれる 25,368 の text が無料で公開されるそうです。これは全体の30%ですが、残りは2020年に公開予定とのことでした。

今日のセミナーにはホームページがあって、そこに内容が掲載され(てい)ます。
http://dhfrs.webs.com/

この中のとくに「Useful Online Resources」が便利かもしれません。
http://dhfrs.webs.com/useful-online-resources

また本日の発表の中で示されたデジタル資料として、以下が興味
深そうです:

Map of Early Modern London
http://mapoflondon.uvic.ca/

Transforming the Object of our Study: The Early Modern
Sermon and the Virtual Paul’s Cross Project
http://journalofdigitalhumanities.org/3-1/transforming-the-object-of-our-study-by-john-n-wall/

Recovering Lost Acoustic Spaces: St. Paul’s Cathedral and
Paul’s Churchyard in 1622
http://www.digitalstudies.org/ojs/index.php/digital_studies/article/view/251/310

Comments are closed.

Post Navigation