エリザベス朝研究会 The Society of the Elizabethan Theatre Studies

追伸2(Summer’s Last Will)

Andrew Hadfield による、Summer’s Last Willの論考をご紹介したばかりですが、最新のTLSに早速、”Not at Croydon Palace”なる投書が二通掲載されました。

一人は、KATHERINE DUNCAN-JONES(24 Great Clarendon Street, Oxford.)で、もう一人は MARION E. COLTHORPE (Riverside House, Water Street, Cambridge)です。

Comments are closed.

Post Navigation