エリザベス朝研究会 The Society of the Elizabethan Theatre Studies

Category Archives: 新刊・論文情報

The New Oxford Shakespeare

オクスフォード・シェイクスピアの新しい全集が、この秋に出るようです
(UK & Europe以外は、November 2016)。

The three interconnected print publications and the online edition have
been created by an international, intergenerational team of scholars
under the leadership of Gary Taylor, John Jowett, Terri Bourus, and
Gabriel Egan.

https://global.oup.com/academic/category/arts-and-humanities/literature/shakespeare/new-oxford-shakespeare/?cc=jp&lang=en&

From Globe to globe

少々遅くなりましたが、四月下旬のTLSシェイクスピア特集号の巻頭記事、

From Globe to Globe

です。以下の三冊を扱っていますが、書評を読む限り二冊目が面白そうです。

・Katherine Duncan-Jones,
PORTRAITS OF SHAKESPEARE
126pp. Bodleian Library. Paperback, £14.99 (US $25).

・Paul Edmondson and Stanley Wells, editors,
THE SHAKESPEARE CIRCLE: An alternative biography
368pp. Cambridge University Press. Paperback, £18.99 (US $29.99).

・Michael Dobson and Stanley Wells, editors; revised by Will Sharpe and
Erin Sullivan,
THE OXFORD COMPANION TO SHAKESPEARE
574pp. Oxford University Press. £40 (US $65).

Shakespeare 2013-14

Shakespeare from *Year’s Work in English Studies*

Renaissance Drama excluding Shakespeare

*Year’s Work in English Studies* の最新号から、2013-14年のシェイクスピア
以外の劇作家に関する研究概要です。

“Renaissance Drama: Excluding Shakespeare”

アーデン3の『ハムレット』改訂版

Ann Thompson & Neil Taylor によるアーデン3シリーズの『ハムレット』
が最初に出たのは 2006年 でしたが、10年を経過した今月、その「改訂版
(Revised Edition, 2016)」が出ました。

特筆すべきは、Q1の起源としてグレッグ以来定説とされて来た memorial
reconstruction(記憶による再生説)から一歩後退した点です。二人の編者
たちは、こう結論づけています:

Q1′s copy was based on an anonymous reconstruction of a performance
based on the text behind F.(p.541)

20世紀初頭から続いてきた bad quartos は「記憶による(memorial)」再生
とする定説から、はじめて編纂者の意識が変わったことになります。

詳しくは、pp. 507, 532, 540-41 をご覧下さい。