エリザベス朝研究会 The Society of the Elizabethan Theatre Studies

Category Archives: デジタル・アーカイヴス

Shakespeare Documented

ボドリアン、BL、フォルジャー、Birth Place Trust, National Archives が共同で
新しいシェイクスピア関連の大規模なウェブサイトを完成させたようです。

Shakespeare Documented web site: http://www.shakespearedocumented.org
(http://www.shakespearedocumented.org )

A few highlights:

* The first printed reference ( http://shaksper.net/archive-news?subid=1171&ctrl=url&urlid=6998&mailid=843) to Shakespeare;

* The parish register ( http://shaksper.net/archive-news?subid=1171&ctrl=url&urlid=6999&mailid=843
) in which Shakespeare’s baptism and death are recorded; and

* A manuscript describing Shakespeare’s partying habits ( http://shaksper.net/archive-news?subid=1171&ctrl=url&urlid=7000&mailid=843).

On the site you will find images, descriptions, and transcriptions of:

* 103 manuscripts that refer to William Shakespeare by name in his
lifetime (spelled in many different ways, which was typical of the
period), including four manuscripts signed by him, and one letter
addressed to him

* 89 printed books and manuscripts from Shakespeare’s lifetime that
mention or quote his plays or poems, or that refer to him directly or
indirectly as a writer

* 34 Stationers’ Register entries for Shakespeare’s plays and poems,
up to and including the First Folio (1623), five of which name him as
author

* 84 printed editions of Shakespeare’s plays and poems, up to and
including the First Folio (1623), 62 of which include his name on the
title-page
or dedicatory leaf

* More than 100 documents that refer to other members of Shakespeare’s
family, including references to Shakespeare’s coat of arms

Shakespeare Survey Online

最近、めきめきと重量化が進むSS…手が痛いくらいに…ですが、
やはりオンラインで「論文タイトル」だけでも見られるのは
とても楽です:

http://universitypublishingonline.org/cambridge/shakespeare

論文を読むためには(やはり)図書館を通じての契約が必要のようですが、
画面上で registration するだけで、My Shakespeare という個別の
プライベートページ(情報ストック用)が使えるみたいで、試す価値は
あるかもしれません。

CH

—————————

追伸です:

Advance Search を使うと、SS全体の「全文検索」が出来ます。
これはちょっとびっくりですね。

かなり便利になりました。

EEBO Electronic Texts ダウンロード可能に

電子データとして、以下の内容で本文テキストがダウンロード可能になりました。
不完全ではありますが、件数は 61,315 作品あります。
※画像はダウンロードできず、残念ですが。

ちなみに Shakespeare で検索しますと、111件がヒットし、DATEをクリックすると、出版年代順に並べ変えることができます。以下からご参照下さい。

http://www.ota.ox.ac.uk/tcp/

The Text Creation Partnership is quickly arriving at a major milestone:starting January 1, 2015, all restrictions will be lifted from EEBO-TCP Phase I, which consists of the first 25,000 texts transcribed and encoded by the TCP from 2000-2009.

These 25,000 (plus a few hundred) texts will be freely available to anyone wishing to use them, and there will no longer be any restrictions on sharing these files.

* It is important to remember that this public release applies only to the electronic texts created by the TCP in its first phase of work. The facsimile page images that go along with each text will still be available only to users who have access to EEBO or the JISC Historical Texts platform.

シェイクスピア学会二日目

学会二日目のセミナー(Digital Humanities …)を聞いてきました。

EEBOについての話が多かったのですが、我々への朗報として、2015年1月1日から、EEBO に含まれる 25,368 の text が無料で公開されるそうです。これは全体の30%ですが、残りは2020年に公開予定とのことでした。

今日のセミナーにはホームページがあって、そこに内容が掲載され(てい)ます。
http://dhfrs.webs.com/

この中のとくに「Useful Online Resources」が便利かもしれません。
http://dhfrs.webs.com/useful-online-resources

また本日の発表の中で示されたデジタル資料として、以下が興味
深そうです:

Map of Early Modern London
http://mapoflondon.uvic.ca/

Transforming the Object of our Study: The Early Modern
Sermon and the Virtual Paul’s Cross Project
http://journalofdigitalhumanities.org/3-1/transforming-the-object-of-our-study-by-john-n-wall/

Recovering Lost Acoustic Spaces: St. Paul’s Cathedral and
Paul’s Churchyard in 1622
http://www.digitalstudies.org/ojs/index.php/digital_studies/article/view/251/310

データベースPLRE

まったく聞いたことがなかったのですが、これは、ちょっと面白いです。

Private Libraries in Renaissance England
http://wmpeople.wm.edu/index.php/site/page/rjfehr/home

16-17世紀に「個人所蔵」されていた書物を検索できるデータベースで、左側のPLRE. Folger Database というところから入ってSEARCH をクリックすると検索ページが開きます。

ちなみに、<Sejanus> で Book 検索すると3名の元所有者が出てきます。一番上の人は、Oxford MAだった Abel Trefry という学者(学生?)で、1610年に亡くなった方です。亡くなったあと、彼の Sejanusには「4ペンス」の値段が付けられたこともわかります。

<tragedy> で検索すると80件も出てきて、何やら妄想が脹らみますよ

★クイズ★
First Folioを二冊!所有していた Sir Edward Dering ですが、彼が亡くなった時、二冊の見積もり額は、いくらだったでしょうか?

Sir Edward Dering
http://en.wikipedia.org/wiki/Sir_Edward_Dering,_1st_Baronet