エリザベス朝研究会 The Society of the Elizabethan Theatre Studies

Category Archives: 未分類

第24回エリザベス朝研究会のお知らせ

第24回エリザベス朝研究会のお知らせ

日時:2016年 5月 21日 (土) 13:00から
場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス(横浜市港北区)
   来往舎2F  小会議室(エレベータ横)

*************************

<第24回エリザベス朝研究会プログラム>(敬称略)

・13:00より【研究発表】
「Lyly の喜劇における Ovid の精神」
川浪亜弥子

・14:30より【研究発表】
「『スペインの悲劇』と共作問題 ― 加筆・改訂のプロセス」
英知明

・ミニ研究発表【発表15~30分+質疑:終了時刻厳守】

16:00-16:40
「『リア王』第一・四つ折り本に見られる読者への配慮について」
辻 照彦

16:40-17:20
「『リア王』における nature 概念の特殊性と普遍性について ― 科学思想との関連から」
田中一隆

17:20-18:00
「王とは何か ― *Perkin Warbeck* の王権表象再考」
真部多真記

Double Falsehood (1728) の作者

以下、ネットに出ていたものの流用です。
CH

Dr Ryan Boyd of the University of Texas said: ‘Research in psychology
has shown some of the core features of who a person is at their deepest
level can be revealed based on how they use language.

With our new study, we show you can actually take a lot of this
information and put it all together at once to understand an author
like Shakespeare rather deeply.’

The study applied psychological theory and text analysing software and
goes beyond confirming authorship by word counts and linguistic
regularities.

Mr Boyd explained: ‘This research shows it is indeed possible to start
modelling peoples’ mental worlds in much more complete ways.
We do not need a time machine…

続きはこちらで↓

http://www.dailymail.co.uk/news/article-3032387/Play-Double-Falsehood-discovered-300-years-ago-said-Shakespeare-forgery-written-Bard-himself.html (
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3032387/Play-Double-Falsehood-discovered-300-years-ago-said-Shakespeare-forgery-written-Bard-himself.html )

————————————————
追伸です:

さらに詳しく知りたい方のために、元の論文を探してきました。

Ryan L. Boyd and James

“Did Shakespeare Write Double Falsehood? Identifying Individuals by
Creating Psychological Signatures With Text Analysis”,

*Psychological Science Online*
First, published on April 8, 2015

CH

Double Falsehood by Ryan Boyd Psychological Science 2015