エリザベス朝研究会 The Society of the Elizabethan Theatre Studies

Author Archives: Hanabusa

第30回エリザベス朝研究会のお知らせ

<第30回エリザベス朝研究会プログラム>(敬称略)

・13:00より【研究発表】
「*Lust’s Dominion*におけるスペインとモロッコとの関係
――イングランドを取り巻く国際情勢から――」
石橋敬太郎

・14:30より【研究発表】
「Shakespeare と Wordsworth における “nature” 概念の
特殊性と普遍性について――概念史の観点から」
田中 一隆

・ミニ研究発表【発表15~30分+質疑】
16:00-16:40
「明治の『オセロー』――悲劇?喜劇?」
加藤行夫

16:40-17:20
「『から騒ぎ』から読み取る上演当時の国際情勢への関心」
土井雅之

17:20-18:00
「Ovid、女性の問題、エリザベス朝作品」(仮)
川浪亜弥子

The New Oxford Shakespeare

オクスフォード・シェイクスピアの新しい全集が、この秋に出るようです
(UK & Europe以外は、November 2016)。

The three interconnected print publications and the online edition have
been created by an international, intergenerational team of scholars
under the leadership of Gary Taylor, John Jowett, Terri Bourus, and
Gabriel Egan.

https://global.oup.com/academic/category/arts-and-humanities/literature/shakespeare/new-oxford-shakespeare/?cc=jp&lang=en&

From Globe to globe

少々遅くなりましたが、四月下旬のTLSシェイクスピア特集号の巻頭記事、

From Globe to Globe

です。以下の三冊を扱っていますが、書評を読む限り二冊目が面白そうです。

・Katherine Duncan-Jones,
PORTRAITS OF SHAKESPEARE
126pp. Bodleian Library. Paperback, £14.99 (US $25).

・Paul Edmondson and Stanley Wells, editors,
THE SHAKESPEARE CIRCLE: An alternative biography
368pp. Cambridge University Press. Paperback, £18.99 (US $29.99).

・Michael Dobson and Stanley Wells, editors; revised by Will Sharpe and
Erin Sullivan,
THE OXFORD COMPANION TO SHAKESPEARE
574pp. Oxford University Press. £40 (US $65).

福原賞第第25回(平成28年度)応募規定

福原賞第第25回(平成28年度)応募規定

故福原麟太郎氏の遺志を汲み、夫人雛恵氏の遺言に基づいて、新進・中堅の英米
文学研究者の研究・出版を奨励する目的で設立された福原賞(公益信託福原記念
英米文学研究助成基金)の第25回(平成28年度)の応募規定は以下のとおり。

  (1) 応募資格: 日本において、英米文学の研究に従事している若手・中堅研究者。
  (2) 助成金額: 研究助成40万円(3件)、出版助成100万円(1件)。
  (3) 応募方法・締切: 所定の申請書様式により2016年10月末日(月)までに郵送。

  (4) 採否結果の通知: 2017年2月中に郵便にて通知。審査は公益信託福原記念
  英米文学研究助成基金運営委員会が行い、関連事務は基金の受託者、三菱 UFJ
  信託銀行が担当する。

  (5) 申請書様式の請求と申請書の提出及び照会先: 〒100-8212 東京都千代田
  区丸の内1-4-5 三菱 UFJ 信託銀行リテール受託業務部 公益信託課 担当 長
  澤(電話: フリーダイアル 0120-622372, 受付時間: 平日9:00-17:00)。

*募集要項と申請書様式は、「大学英語教科書協会ホームページ」(http://www.daieikyo.jp)
  からも「後日」入手可。

Shakespeare 2013-14

Shakespeare from *Year’s Work in English Studies*